引っ越し やること 家族

引っ越しは大人だけでも作業が多くてとても疲れます。
子どもがいる家族の引っ越しは2~3倍やることが増えて更に大変になると言われています。
引っ越しの準備はより前倒しに計画性をもって行う方が良いでしょう。

子どもがいる家族の引っ越し やること

子どもがいる家族の引っ越しでやることは、子どもの年齢にもよりますが大きく3つのやることがあると言えます。
やることの内容
子どもの児童手当の受給事由消滅届けの手続き
母子手帳の変更手続き
学校関連の転校手続き

学校に通っている子どもがいる場合は、今の学校に速やかに報告をして「やること」を確認しましょう。
リストをこのサイトで作ることも可能ですが、各地方によって内容が変わったり、改新されたりするので最新情報を入手しましょう。

また、役所でも手続きが必要です。お住まいの役所に行く時間を確保して速やかに準備をしましょう。

子どもの精神的ケアが大切

現在のお住まいに子どもの馴染みが深いほど、引っ越しの際の精神的負担が心配です。
事前に引っ越しの内容をきちんと説明して、親が気持ちを受け止めてあげることがとても大切です。

子どもがいる家族の引っ越しが大変になる理由の一つでもあります。

引っ越し業者のお任せプランなども検討する

引っ越しはただでさえやることが膨大になります。
荷造りだけ完了させれば終わりではないからです。

役所や学校、そして新居の契約など順序立てて行わないと「引っ越し不可能」な状態になるケースも考えられます。
生活スタイルによっては、なかなか時間を割けない方もいるかと思います。

そんな方には、引っ越し業者の「お任せプラン」がある業者もあるので検討してみてはどうでしょう?
「荷造り」や「光熱費の契約や解約」を任せることが可能な業者もいます。

まとめ

家族の引っ越しで特に子どもがいる場合は、大人の家族だけの引っ越しよりも大変になります。
学校関連や役所の手続きは、引っ越しが確定したら速やかに行う事が大切。

地方によっては、独自の方法を採用しているケースも考えられるので問い合わせをして「リストの作成」をしましょう。
引っ越しは段取りが命といわれている所以ですね。