ソフトバンク光 エリア

これから引越しが待っていて、新居で光回線ってエリア内?と疑問を抱いている方がお読みになっていることがあるかと思います。
そうなんです、インターネットは決して全国どこでも利用できることが確約されているサービスではありません。多くは利用者の多い人口密集地域に配備されています。具体的には、近所に光がきていれば、電柱を伝って延長工事可能であればエリア内という判断になります。


上記のソフトバンクのサイトで西日本・東日本などを選択して住所を入力するとエリアチェックが可能です。NTTの表記がありますが、ソフトバンク光はNTTフレッツにのれん分けしてもらって存在している事業です。エリアは基本的にフレッツのエリアに起因するんです。

フレッツ.JPG
上記写真の様に、エリア内であれば一週間程度で開通するよ!と表示されます。これであれば一安心です。
問題は「エリア外です」という表示の場合。この場合は選択肢が絞られてきます。

・地域のケーブルテレビで調査する(過疎地でもエリア内の場合がある)
・工事の要らない置くだけインターネットなども調査してみる
・モバイルルーターもチェックしてみる

上記3点を調査して「エリア外」であった場合、あなたがインターネットを普段から利用して暮らしているのであればかなり不自由さを感じると思います。なぜなら「スマートフォン」でさえ電波が微弱かもしれないからです。(実際は現地調査です)

因みに私の場合は、新居候補を決める→エリアチェックする(住所枝番地はGoogleマップで検索する)→エリア外なら引っ越さない。
この様な挙動をインストールしてます。仕事柄、インターネット回線が無いのは死活問題なのです。

ソフトバンク光の転居や新規契約を検討している方は「エリア外かもしれない」という可能性を脳裏に少し置いておくことが大切だとおもいます。

【関連】